自動車衝突事故を起こしたら?実際に起こった事故を振り返ります。

自動車衝突事故を起こしたら?実際に起こった事故を振り返ります。

 

自動車に乗っていると誰もが起こる可能性がある事故。

 

私も一度ではありますが事故を起こしたことがあります。
今回は私の体験談をお話したいと思います。

 

1.どんな事故だったの?
中古で自動車を買って一ヶ月目、運転にも慣れてきて徐々にスピードを出すことや狭い道を走ることが怖くなくなってきた時期のことでした。
日中に初めて通る狭い道を走っていた時のことです。

 

狭い道ではありましたがカーブにはミラーなどがついており安全だと思っていました。
ミラーを横目で見て車が来ていないことを確認しカーブを曲がろうとしたところ、「ドン」と衝撃を受けました。

 

なんとカーブを曲がったすぐ先が三叉路になっており、ミラーでは見えない位置から車が出てきたのです。
予期せずして車と正面衝突をしてしまったのでした。

 

2.自動車保険でどのように対応したのか?
まずは車から降りて双方で車の事故状況を確認しました。
私の車はへこんだ程度ですが、相手の車は右半分が押しつぶされたような形になっていました。

 

これは保険だ、と思った私はまずは保険会社へ電話連絡し状況を説明しました。相手は配達の途中だったようで上司に電話していました。

 

保険会社から「警察を呼んでください」や「事故の状況を教えてください」などやるべきことを教えてもらいました。

 

言われたとおりに実施し、当日は事故相手の方と連絡先を交換してその場を終えました。
自走可能だったのでへこんだ車で家まで帰りました。

 

その数日後保険会社から連絡があり、事故相手の保険会社と話がついたと言われました。
相手分も自分も修理費用として保険でお金が出るが等級が下がるがどうするかなど色々な質問をされました

 

修理費用が50万円程度かかると言われ、そんなお金をお支払いできないため保険から修理費用を出してもらい、ピカピカの車になりました。

 

3.今後気をつけること
まず自動車保険に入ることは絶対に大事なことだと思いました。

 

入る保険にも気をつけたほうがよく、東京海上のほうが三井住友海上より強いなど保険会社ごとのパワーバランスがあるので出来るだけ良い保険を選択したほうがよいと思いました。
また、事故を起こさないことも非常に大事だと感じています。

 

今回は狭い道を走る際に自分の慢心で事故を起こしてしまったのですが、ミラーをしっかり見ることやスピードをあえて落として走ることで事故を防いだり被害を最小限に抑えたりすることができると感じました。

 

事故は起こさないに越したことはないですが、起こしてしまったときのことも考えしっかり保険に入っておくことが大事だと感じました。

page top