ハマクサ体験談

プリウス60代おっさん当て逃げ犯よ!堪忍しなさい。

軽で会社通勤途中、脇道から飛び出して来たプリウスに激突された事故。

 

相手の運転手は優先道路に早く出たく左側の車しか見ていなく、優先道路を走る私の軽の存在など見てもいなかった。

 

案の定プリウス脇道から焦って飛び出してきた、突っ込まれるって瞬間に私は急ブレーキで立ち止まった所右側激突した。

 

そしてこの先が大問題なんです。
なんとそのプリウスの運転手、へこんだ軽から出てきた私と目が合ったらなんとスーと走り出したんです。

 

事故目撃していた反対車線のトラックがクラクション鳴らし続けてくれましたが止まる気配なく逃げた。

 

私も頭に来て逃げるプリウス追いかけ横付けし、運転席窓を叩きながら止まれ止まれと幅寄せし、事故現場から信号二個程の500m付近でやっと止まった。

 

出てきた60後半ほどのプリウスの運転手。
完全頭に血がのぼり激しく激怒していた私。

 

相手に何故逃げたのか?と聞くとそのプリウス運転手は…

 

なんと出てきた私を見て怪我してなさそうだったんで邪魔にならない道に移動したかっただけと言う。

 

は??何を言っているか私は意味不明なんですけど。

 

怪我してないなら現場から立ち去っていいのか?

 

事故現場から離れて事故現場検証出来るのか?と相手に問い詰めたらその運転手なんと今度は…

 

財布出して来た。

 

今二万しなかないけどこれで許してくれないか?の始末。

 

もうこの人駄目だと私、直ぐに警察と救急車に連絡し応急処置してもらい現場検証が始まった。

 

警察も事故現場から遠く離れた場所にいる我々を見て、現場検証理解するまで説明するのが大変だったが、警察官も当て逃げした運転手にかなり厳しい対応していたこの言葉は忘れない。

 

「これ完全に当て逃げ逮捕ですよお父さん。」

 

そして痛む足を引きずりながら毎日整形外科とリハビリ通いの日々が続き、
毎日のようにお怪我は治りましたか?

 

相手保険屋からウザいほど鳴る電話。

 

自賠責保険を〇〇〇円超えない治療でお願いしますね、が丸見えな保険屋の行動に嫌気がした。

 

止まった所激突された身、おまけに当て逃げまでされた身なのに割合を7:3にしましょうって寝言まで保険屋から言われたりと。

 

壊れたバイクは真っ直ぐに走らなく使い物ならずになり、年式古いから保険でも壊れた部品程度しか修理出来ず。

 

私の方は自動車保険見積もりプレゼント目当てで入った、SBI損保からは幾分かのお金は出してもらった。でも満足できる額ではない。

 

事故なんて間違いなく被害者側がすべて身体も精神的苦痛で大変で嫌な思いします。

 

当て逃げした運転手からは一度だけ電話が来たのみで後は保険屋任せ。
保険屋さんは仕事だから淡々と示談示談のラブコールな日々。

 

毎日毎日仕事で運転する身です私も。
車は治るけど人は身体も精神的にも治りません。

 

脇道から優先道路出る時、信号が黄色に変わって焦って運転する時こそ自分に言い聞かせてます。

 

焦らず次で待って行こうよ。
一分一秒の焦り事故で人生終わるよって運転しながら自分に言い聞かせてます。

page top